CUTE ME(キュートミー) 副作用

CUTE ME(キュートミー)には重大な副作用の心配はないの?

どれだけCUTE ME(キュートミー)にやせる効果があるとしても、副作用があれば飲むのをためらってしまうのではないでしょうか。

 

CUTE ME(キュートミー)には、米国特許成分であるリポサンウルトラ、ガーシトリン、コレウスフォルスコリが含まれていますが、これらは栄養補助食品に分類されているので、医薬品や医薬部外品ではありません。

 

そのため、CUTE ME(キュートミー)を飲んでも副作用の心配はありません。

 

その他のCUTE ME(キュートミー)に配合されている成分も、緑茶、桑の葉、ギムネマエキス、メリロートエキス、生姜、乳酸菌、キトサン、白インゲン豆エキスと、天然由来の成分です。

 

これらの成分にアレルギーを持っている人は、CUTE ME(キュートミー)を使わない方がいいと思いますが、その他の人にとっては、健康に悪影響を及ぼすようなものは含まれていません。

 

とは言え、薬と併用するのが心配な人は、念のため医師か薬剤師に相談してみてください。

 

CUTE ME(キュートミー)には特に重大な副作用はありませんが、早く痩せようとして1日の適正量以上に飲んでしまうと、いくら栄養補助食品といっても、腹痛や下痢を起こすかもしれません。

 

CUTE ME(キュートミー)の1日の適正量は4〜8粒と定められているので、それ以上飲むのはやめておいた方がいいでしょう。

 

1日の適正量以内の服用であれば安全なサプリメントであっても、飲みすぎてしまうと、何らかの不調に見舞われるかもしれません。

 

まれに、妊娠中にCUTE ME(キュートミー)を飲んで、体重が増えないようにしようとする人がいるようですが、妊娠中にCUTE ME(キュートミー)を飲むことはおすすめしません。

 

妊娠中は太りやすくなりがちなので、体重が増えすぎると産婦人科の医師から注意を受けることがありますが、CUTE ME(キュートミー)を使って減量すると、胎児にどのような影響を及ぼすのか、まだ明らかになっていません。

 

もちろん、CUTE ME(キュートミー)には妊娠中の人に悪影響を及ぼすような成分は配合されていませんが、念のため使わないほうがいいでしょう。

 

軽い運動も妊娠中は控えておいたほうが無難です。

 

もしも転んだりしたら、胎児に影響するので危険です。

 

 

妊娠中は、お腹のなかの赤ちゃんの安全を優先した方がいいでしょう。

 

出産後や授乳中にダイエットしたい場合は、CUTE ME(キュートミー)を飲んで赤ちゃんに悪影響がないか、産婦人科の医師に相談してみてください。

 

大切な赤ちゃんなので、細心の注意を払っておいた方が安心でしょう。

 

授乳中であっても、軽い運動だけなら問題ありません。

 

早く妊娠する前の体型に戻りたい、あるいはそれ以上に痩せたいと思っていても、念のため、医師に相談することをおすすめします。